excitemusic

長らく勤めた後の、新たなる人生、如何に生きるのか
by makkii-hiro
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


生きることは楽しい (永遠の生命)


シルバーの皆様は、「人生、生きることは楽しい」と思ったことありますでしょうか。私は昨年10月頃、「さわやかな人生」について少し勉強しましたが、今回、「生きることは楽しい」について少し言葉の美しさを、見てみませんか。「無我なる愛」幸福の科学出版 大川隆法著 より

「生きることは楽しい」

生命があるということは尊いことだ。
生かされているということは尊いことだ。
それにもまして、
努力で人生を変えていけることは、
なんて素晴らしいことなんだろう。
努力の結果で公平に、
来世、往くべき世界が違うなんて、
仏は、なんと、
魅力的な仕組みをつくられたのだろう。
生きることは楽しい。
さあ、バリバリ頑張るぞ。
努力即幸福だ。

これは単純に文章を、読めばいいのです。今まで一生懸命生きてきた、今日の今。この世に、自分が生きているのです。なんて素晴らしいんでしょうか。ここまで生きてこられたのは、・・と、なんか、目頭厚くなりませんか。この世に生きてきて、人によって異なるけれど、、世の為、人の為に、役に立つお仕事をしてきたんでしょう。シルバーの皆様は、一仕事終えた人達なんでしょう。うまいこと、ここまでやって来た御自分に感謝しませんか。

一応、自分の家はあるし、子供達は独り立ちしているし、孫達は居る、本当に良かったな、と思っていませんか。しかし、中には、孫なんていません、家は借家、なんていう人も居るでしょう。ある意味では、用済みの人達になってしまったんだろうか、と思う人も居るんでしょうか。そんないいことないし、まあまあかな、と思う人も居られるでしょう。世の中いろんな人が居ることは、間違いありません。しかし今、生きているんです。「生きることは楽しい」事を今、味わってみましょう。

少なくとも言える事は、皆さんは、努力を出して今まで生ききってきたんだ、と思うべきでしょう。その生き様が、あまり人に言えたほどでもない人も居るでしょう。しかし、一生懸命努力して、生きてきたからこそ、今の自分がここにあるんですよ。このことは、あなた方が、努力して生ききってきた、汗水を流して努力してきた、このことが、自分の人生を、自分の思うがままに、生きてきた、結果が、今、ここに在るんだ、と思いませんか。「努力で人生を変えれる」について、あなたはまさにこのことを、実体験されてきたのだと思います。

そうです、良い方向に、自分の人生を持ってこられた人、素晴らしいですね。普通に生きてきた人、ここまで来れたことに感謝しましょう。ちょっと皆からずれて来た人、居られませんか。何らかの失敗で、こんな自分になってしまった人、おられますね。人生に成功した人、失敗した人おられます。しかし皆様、ここに生きています。神様に生かされてきた御自分に、感謝しましょう。

シルバーの方は、心を決めて下さい。一応成功され、素晴らしい生き方された人は、今あるのは、あなたの周りを取り巻いてきてこられた人々、皆様方のおかげで、このように成りましたと、感謝し、世の為に、人の為に、恩返しをされたら如何でしょうか。いつもそのような気持ちを持って、残された人生を行ききるのが良いと思います。

もし結果的に失敗された方は、なんて思うべきか。今世、何の因果か、このようになってしもうた。いたしかたなし。もし反省されることあれば、じっくり反省するべきではないでしょうか。悔し涙にくれるよりか、反省される事をお勧めします。今まで生ききって来た、自分の生き様の、反省点をじっくり検討され、ただしてみようと、思われませんか。それも、今世、生きている間にされるべきです。詳しく説明しますと、この世で何か、悪い原因をされたから、結果として、悪いことが起こったのです。つまり失敗されたのです。その悪い原因は何かを調べて、その原因をしっかり反省するべきなのです。

仏教用語で「因果の理法」という言葉が、あります。良いことすれば、良い結果となる。物事の原因と結果は必ず相関関係があるのです。「縁起の理法」とも呼ばれています。永遠の魂を考えると、過去世、今世、来世とありますが、「三世を貫く因果の理法」というのもあるのです。これは、過去世での、悪をした原因の結果が、今世で現れたり、今世でした悪の原因の結果が、今世で現れず、来世で現れることです。「カルマとか、業」とも呼ばれています。仏教の中でも基本的な法則です。

人間の魂は永遠に生ききっています。この世で、ちょっと失敗された人は、死ぬまでに、失敗の原因を突き止め反省されると、来世はきっと、二・三百年先ですが、、素晴らしい生き様がおくれますよ。反省することにより、曇りがかっていた魂が浄化され、光輝くのです。そのとき天上界からの支援がくるのです。

永遠の命を持つ人間は、努力で人生を変えることが出来て、その努力の結果で公平に、来世往くべきところが、きまってくるのです。ご自分の天から与えられた使命を、この世に生をいただいたときに、果たして行くことが、あなたたちの生きていく上での目標なのです。仏はなんと魅力的な仕組みを作られたのでしょうか。

今からでも遅くは有りません。これから死ぬまで、頑張って生ききりましょう。努力しましょう。世のため人のためになる、良い事を、なんでも良いと思います。明るい、ご自分の未来を目指して、頑張ってみませんか。神様に生かされている、御自分をもっと、盛り上げてみませんか。生きるためには仕事しなければならない人もおられるでしょう。マイナス言葉は言わないで、明るく、前向きに、努力しましょう。
[PR]
by makkii-hiro | 2010-02-17 21:08
<< 心のカウンセラーを目指す 健康十箇条 >>