excitemusic

長らく勤めた後の、新たなる人生、如何に生きるのか
by makkii-hiro
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


古都・京都、私鉄周遊旅行の記憶

 
スルッとKANNSAI 3dayチケット(私鉄沿線三日間、乗り放題¥5,000)何となく印象に残ったところだけの思い出を、少し紹介いたします。(11月1日から、12月25日まで)山陽電鉄大塩・京都間、往復たったの、¥1,667/一回分 の往復で三回も乗り放題。楽しんできました。(別に京都と限っているのではなく、奈良でも大阪でも周遊できます)

千本釈迦堂のダイコン焚き(7日)、東寺の弘法大師の終い命日(21日)、北野天満宮の、終い天神(25日)の三日間でした。シルバー三人、着の身着のまま旅でした。夫々目的は立派に、お参りなど済ましました。

 夫々天候に恵まれ、ウォーキングかねて、京都、古の都、闊歩してきました。神社仏閣の大きさと、威風堂々とした巨大建築の、美しさに心を打たれました。私は、今まで、欧州のキリスト教の宗教建築の美しさや、イスラム教の宗教建築の美しさについて、この豪華絢爛なる姿、人間としてあのような、美しさを表現できるとは、身にしみて感じておりました。でも、この日本においても、負けず劣らない、この宗教建築の、迫力、心に威圧する絢爛たる、たたずまいに感動いたしました。

 京都の縁日を、回ったのでありますが、東寺の縁日は、かなりの人込でした。正月に体験した事ある、縁日の人込を、25日味わいました。古骨董、古くなった様々な生活必需品などが多く、展示されていました。あんころが入っているタイヤキを、熱いのを冷ましながら、食べながら、人込の中を歩き回りました。思い出に残る一時でした。

 私鉄で京都へ行くには、山陽電鉄で、新開地まで乗り、阪急に乗り換え、十三で京都線、川原町行きに乗り換えていきました。京都はバスを利用しました。中日の25日は、阪神尼崎で、近鉄に乗り換え、奈良の西大寺まで行き、京都線で、東寺まで行きました。その時約三時間かかりました。一応時間的制限は、なしですので、そんな時もあるんですねで終わった。

 やはり一年位前から、少し計画を練って、この 3dayチケットを、購入し,、行かれると、そこそこ安くて、思いで一杯の旅行が出来そうですね。旅行好きなシルバーの皆様、如何でしょうか。パソコンで検索、研究されるとよいでしょう。
[PR]
by makkii-hiro | 2009-12-26 02:35
<< 今年振り返って シルバーの生き様 >>