excitemusic

長らく勤めた後の、新たなる人生、如何に生きるのか
by makkii-hiro
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


健康生活(生活習慣病)の一考 2

糖尿病でもない、境界型糖尿病の、諸氏に吉報!!!とくにシルバーの皆さん
「炭水化物はたべるな!!! 食べると、血糖値の管理が乱れますよ。長い年月をかけて、すい臓を悪くしています」
ご心配の方、炭水化物つまり、御飯、パン、うどん、そば、主食を、思い切って食べないとか、軽く一杯にしてください。肉、魚、あるいは、炒め物、揚げ物などで、お腹を満たしてください。私も頑張ろうと今思い立っているところです。詳しくは、以下の文章をご参考にしてください。皆様と現在進行形です。

知人に同じ境界型糖尿病の人が居て、胃カメラ検査でガンの宣告を受け、胃を全て切除されたばかりの人が居られる。彼は食事が特殊なものなので、つまり食事量が、従来の十分の1くらいしか食べられなくなったので、血糖値を調べても全く正常らしい。糖尿病が治ったと言っています。その人の影響を受けて、私も思い切って、血糖測定器を買い、糖質制限食をやってみようと、決断しました。その経緯は、前回でちょっと述べています。また糖尿病の医学的知識も少し記帳しています。

本屋さんで見たところ、糖尿病は炭水化物云々が、記載されている書籍は、有りませんでした。ちょっと大きな本屋さんで、売っていました。よく読みますと、次のような事が記載されていました。

詳しくは「主食を抜けば糖尿病が良くなる」「主食を抜けば・・実践編」東洋経済新聞社江部康二著  この二冊、よければ、ご購入願います。

今までの糖尿病の食事療法では、高炭水化物、低脂肪の食事でカロリー計算の管理のもとで、今もつづけられています。しかし、この炭水化物の糖質が血糖を上昇させて、血管の内皮を傷つけ、動脈硬化の一因で、心筋梗塞、脳溢血を起す、という説が民間の間で浸透しつつあります。この病気は、短期間で結果が、症状が出てきません。長らく、経口血糖降下剤を服用し、お医者さんは、血糖値のコントロールをチェックしているだけです。このことが危ないのです。その辺を、ちょっと記帳しました。


従来の糖尿病食事療法では、高炭水化物で低脂肪の食事、即ち、糖質60%、脂質20%、タンパク質20%の比率でカロリー摂取の食事でした。この食事方法では食後高血糖を起す、症例が多いとの事であります。これにくらべて、タンパク質と、脂質を中心にする糖質制限食では、食後高血糖の症状がすくないとのことです。

基本的に、糖質が、食後血糖をあげる理由は、食後15分から、90分でほぼ全てが、血糖に変わりますが、タンパク質は3時間前後で約半分が血糖に変わるだけだから、血糖上昇はほとんど起こりません。もう一つの、糖質が、食後血糖をあげる理由は、糖質を制限すると、インスリンの追加分泌をほとんど、必要としないという点にあります。

このことは、つまり、糖尿病の人が、糖質を摂ると食後高血糖を招くばかりか、インスリンの追加分泌を必要とするので、すでに疲れきった、糖尿病の人のすい臓に、負担をかけることになり、高血糖により、血管の内皮を傷つけて、危険な動脈硬化の引き金となります。この疲れきったすい臓は、追加分泌の能力が、十分にないので、インスリンが体の細胞に、効きにくくなっています。

また次の、ことも考えられます。従来の糖尿病食事療法で、糖質の多い主食を摂ると、食後高血糖になり、それを防ぐ為、経口血糖降下剤を服用し、疲れたすい臓に、無理やりインスリンを出させなければならないのです。このまま維持すれば、糖尿病コントロールが悪化するのは必定です。

糖質制限食事方法の基本は、御飯、イモ類など、糖質の多い食品をほとんど摂らない事。肉や油ものなど、脂肪分やタンパク質の多い食品は普通に食べてよいのです。
つまり、主食を食べない代わりに、炭水化物を含まないおかずばかりを、食べる事によって、糖尿病のコントロールをしようというものです。

炭水化物は、デンプン、砂糖、ブドウ糖です。これらは、なるべく控えて制限し、それ以外の、肉魚、あるいは、炒め物、揚げ物など、カロリーが多くて好ましくなかった食品や、料理が食べられるのです。カロリー制限のために、食品交換表を片手に面倒な計算をしなくて良いのです。酒類については、糖質の多い日本酒、ビール、ワインは飲めませんが、焼酎、ウイスキーなどの蒸留水には、糖質が含まれていませんので、飲んで差し支えないそうです。

参考ですが、やさいはヘルシーでよいのですが、次の野菜は糖質が入っています。糖質多い野菜は、かぼちゃ、くわい、レンコン、ゆり根、にんじん(100kcal中6.33g)たまねぎ(100中7.2) だそうです。
[PR]
by makkii-hiro | 2009-11-14 21:38
<< シルバーの人生目標 シルバーの皆様の健康生活の一考 >>