excitemusic

長らく勤めた後の、新たなる人生、如何に生きるのか
by makkii-hiro
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


シルバーの生き様 2


今日は、「コーヒー・ブレイク」(幸せを呼び込む27の知恵) 幸福の科学出版大川隆法著から、さりげない言葉を選り接ぐんで、シルバー向けに、転記させてもらいました。

幸せを呼び込む27の知恵
21  「幸福とは、人と人の間にあるもの。」
22  「気に入らない人を、全部、駄目だと思わない。“この人にも、良いところはある”と言う見方をする。」
23  「親しくとも、ここまで、と言う距離の取り方がある。」
24  「何かの時には、お返しをしたい、と思っている人なのかどうかは、人格の香りでわかる。」
27  「現在の自分より一割ぐらいグレードアップした自分を常に目指す。」

これらの知恵の言葉、全て、シルバーの皆様にとって、ジーンと心に響く言葉ではありませんか。さりげない言葉、されども味わいのある言葉、ですよね。人生の半世紀を、歩まれた、あなた。何人、何百人もの人々との触れ合ってきた感触、忘れられない言葉ばかりです。この知恵の言葉21~24のテーマは、「ギスギスした人間関係を楽にする」です。いま少し、細かく言葉の意味を見てみましょう。第二の人生を、頑張る人たちにとって自分の最善の、最高の人生の目標を、目指しているなかで、人間関係ほどうまく、心のそこから喜びを味わえるものはないでしょう。今日から一歩を踏み出しましょう。

21の知恵 「幸福とは、人と人の間にあるもの。」
 シルバーの皆さんは、自分の好きな仕事から遠のいていき、いろんな人々から遠ざかって行く自分を、孤立した存在だと思っていませんか。自分ひとりで居たならば、決して幸福は生まれてきません。一人きりで居れば、不幸もでてきませんが、幸福も味わう事、出来ません。やはり他の人がいて、共に語り合う人がいて、共に生活し、共に学ぶ事が出来てやっとうれしく感じ、幸福に感じるのです。「幸福とは人と人との間にあるものです。」

22の知恵 「気に入らない人を、全部、駄目だと思わない。“この人にも、良いところはある”と言う見方をする。」
 共にお付き合いをしている人で、どうも肌の合わない人が居ますが、どうされますか。こんなところはどうしても嫌いだけれど、あの人のこんなところは、結構いいんじゃないの。と思っているとその思いは相手に伝わります。嫌いなところがあっても、全てが嫌いと完全拒否しない事が大事です。そんな時、「親友ではないが、友達だよ」と言うお付き合いはどうでしょう。「この人にも、良いところはある、と言う見方をしましょう」

23の知恵 「親しくとも、ここまで、と言う距離の取り方がある。」
 世の中、厚かましい人居ますよ。世の中、色んな、修羅場をくぐってきた、シルバーさんにね。そんなひとは、疎(うと)まれますね。心理的な距離をとるべきです。一定の距離を取れば長く付き合えますが、距離が短すぎて、互いに干渉しあいすぎると、長くは付き合えませんね。心理的な距離のとり方が上手だと、色んな人と付き合えますが、たいていは、深く付き合うか、全く付き合わないかのどちらかで、相手から学ぶものが少ないです。「親しくとも、ここまで」と言う距離のとりかたがある事を、学びましょう。 

24の知恵 「何かの時には、お返しをしたい、と思っている人なのかどうかは、人格の香りでわかる。」
 あの人のため、精一杯やったけど、約束を守れなかった時はどうします。よくあることですが。「申し訳ない。この借りは必ず何時か返します。」と言う気持ちを持つことが大事です。口先だけの人なのか、誠意を尽くしても出来なくて、約束を、守れなかった人なのかどうか、はよくあることですが、「心のそこから、何かの時にお返しをしたい、と思っている人なのかどうかは、その人の人格の香りでわかります。」それが、信頼関係を築いていく基礎です。

 引っ込みがちな自分。家に居れば、家内から粗大ゴミといわれる自分。外へ出て、人と話したいが、億劫(おっくう)だ。このようなシルバー諸君、今日から一歩を、踏み出しましょう。

そしてラストの27の知恵はなんでしょうか。
「現在の自分より、一割ぐらいグレードアップした自分を、常に目指(めざし)ましょう。」

シルバー、されどシルバーさん達、お互いに、頑張りましょう。
[PR]
by makkii-hiro | 2009-10-30 23:17
<< シルバーの生き様 3 キリスト教信者とのメール交換(2) >>