excitemusic

長らく勤めた後の、新たなる人生、如何に生きるのか
by makkii-hiro
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


たまには、こんな話も聞いてください。誰もしない話 「人間の秘密」 をしましょう。

たまには、こんな話も聞いてください。70才にもなると、誰もしない話「人間の秘密」をしてみたくなりました。少しは希少価値は、あるでしょう。

人は、明日も、命が続いている、とは限りません。今世、いつ思し召しが来る、なんて、誰もわからないからです。明日なのか、30年先なのか、わからないのです。

 「いつ死んでも、悔いのない人生を、送っているつもりです。
  死ぬと、何もかもなくなるなんて、微塵に思っていません。
  肉体から霊体が抜け出すことが可能になるのです。
  当然、死後も同じ自分の存在を、霊体を通じて、確認できると思っています。」
 これが「人間の秘密」なのです。

つまり、「人間の秘密」とは、死んでも、自分の意識が、そのまんま、生きている状態と、同じなんだ、ということです。ただし、死ぬときは、おそらく意識は、途切れるでしょう。仕方ないのでは。死後の意識が同じ状態であるのならば、前後の状況判断が、判るから、なぜ死んだのかは、判るはずです。

ここがポイントです。死ねば何もかもなくなると思っている人、唯物論者の皆さん。もう一度、私の話聞いてください。死んだのに、生きているときの心が、そのまんま、在ることに、驚愕を感じることでしょう。

「死んだのに、俺は生きている、なぜなんだ」、と勘違いされる人が、現在では、かなり多くいるそうです。つまり、死んだあとなのに、まるで、生きているように意識がはっきりとし、身近な人も見えている。しかし、身近な人に、いくら文句を言っても、感じてもくれない真実を、じっくりと味わいます。

死後のストーリーもある程度は知っているつもりです。

私はまだ生きていますので、これくらいしかお話ができません。悪しからず。

霊を見た体験者はかなり、おられるかもしれません。 死後の自分とか、お化け(霊体のこと)や、つまり、臨死体験や、幽体離脱体験などを、された人たちは、それらが、見る人のレベルによって、異なるのかもしれません。

私が見たのは、「人間の、頭の肩の付近から、白っぽい、ビロードの輪郭で、頭から抜き出して スー と上のほうを向いて、年老いた女性の姿として、上昇する現象」が、見えたことがありました。

本日はこれまで。次回は健康話をします。





[PR]
by makkii-hiro | 2015-05-05 08:52 | シニアブログ
<< 70才、健康話、どうすれば、楽... 65歳以上皆様、御飯・パンの主... >>