excitemusic

長らく勤めた後の、新たなる人生、如何に生きるのか
by makkii-hiro
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2型糖尿(生活習慣病)合併症お困りの方,自力で改善できる処方箋

糖尿病の件ですが、私の場合は2型糖尿といいまして、すい臓からでる、インスリンが通常より少ないことにより、血管内に、糖分が入り込み、血管を傷つけまくっており、重大血管障害である、心臓梗塞、とか脳梗塞、等々に、進展していくそうです。発症後二十数年の経緯があります。

恐い話しです。特に、食後2時間前後が、血管を傷つけまくっているらしいです。特に炭水化物を大量に、体内に入れると、血糖値は確実に、遥かに200は超すそうです。そのような時に、血管障害で倒れる人が多いのです。

糖質制限に出会ったのは2009年ごろからです。そのころ、体重が65kg、ヘモグロビンa1c7から9、で、インスリン促進剤を大量に飲んでいました。独自勉強して極めました。2010年1月15日からの実施です。すでに3年、ころっと替わっています。体重も53kg、ヘモグロビンa1c 5.5です。月100km歩行距離確保の実践保持。いたって良好です。

私の場合は、この炭水化物を、20%以下にする食事を、実践しています。まず、ご飯・うどん・そば・ラーメン・パンは一切食べていません。ここで不安な、顔をしてはなりません。60才過ぎた人は、炭水化物取りすぎに注意と、これは常識になっています。ボケ症状になりやすいといわれています。

私の主食は、朝は、卵二個に、なっとう一箱、たまねぎ角切り、ヒジキ一掴み、食べれる小魚と、干し子エビ等をミックスして、フライパンにて、お好み焼き風に、卵焼きをします。他に豆乳・無調整を飲んでいます。

昼・夜食は、野菜炒め、魚、肉・肉・卵(卵は、複数個2・3個は大丈夫らしい、特殊な病気の人は駄目やそうです)などを油(オリーブオイル)で炒めたりして、料理します。炭水化物以外でも、栄養たっぷりの食事を食べられます。糖質制限食の本は本屋さんに今は多く見かけます。

ここで大切なポイントですが、私は、昼・夜食する前に、小鉢(径5センチくらい)に一杯の、玉ねぎの生のスライス(細切れにして食べています)に、シーチキンを混ぜたものに、マヨネーズをかけて、食前に必ず食べています。血液さらさらのつもりです。

もう一つの、ポイントですが、食事のコツは、歯での噛み噛みが、脳に満腹感を伝える為、一見小食に見えそうですが、噛み噛みすることによって、不思議なことに、空腹感はありません。実践あるのみです。どうしてもご飯が食べたい時は、最後の最後に軽くご飯を、たべるそうです。

以上のことを、数ヶ月、実践すれば、かなり向上すると思います。これが一人で病院を経由しないで、自己管理で、出来る方法です。また、病院に通っていても、個人の意思で出来る、処方箋です。内科病院通いの人の注意することは、薬です。担当の先生に相談してください。糖質制限食を実行している時、ヘモグロビン促進薬は、必ず低血糖へ移行していきます。注意が必要です。眩暈やふらふらしますので。

もし病院を、お望みならば、インターネットで糖質制限食を実践している内科医を探してください。私の住んでいる近くでは、東加古川の、映画館の西側にあります。「Sクリニック」で相談されるとよいでしょう。

そして肝心のことですが、常に血糖値を測定しつづける習慣をつけてください。これは薬屋さんで売っています。食後二時間後の血糖値の測定は欠かせられないのです。

はじめは200(血糖値)越えるかもしれませんが、炭水化物を抑えた食事をしていると必ず、上記の数値は200以下でおさまり、ヘモグロビンa1c は、5台へ移行します。

数値が下がるにつれて、薬の飲み方が、狂いますので、お医者さんと相談してください。お医者さんの中には、糖質制限を無視される先生が居ますので、ご注意することです。

しかしお医者さんが、炭水化物を取らないと長生きしませんよ、といわれるときは、「わかりました」くらいで、無視します。内科医でこのように言われる先生は半分くらい居るそうです。二人に一人は、糖質制限を嫌っておられると聞いています

こんなメニュー、如何でしょうか。お試しください。
[PR]
by makkii-hiro | 2013-08-05 16:30
<< 病気になりたくない、どんな方法... 「読売新聞3月19日朝刊 糖尿... >>